ROOTS(ルーツ)

TMT M Marbles SEVESKIG junhashimoto wjk 正規販売店

“BOSS”
instagram

“Roots BLOG”


“有近亜人夢”
Instagram


 

“有近亜人夢”
facebook


 

“有近亜人夢”
WEAR


 
 

商品カテゴリ

 

コンテンツ

>店舗案内

 

Roots 2017 SS COLLECTION
【Marbles/マーブルズ】


【TMT/ティーエムティー】


【SEVESKIG/セブシグ】


【junhashimoto/ジュンハシモト】


【wjk/ダブルジェイケイ】



 

★☆最新作オススメ商品☆★

★☆最新入荷商品☆★

 

 



TMT/M/Marblesの3ブランドは、メーカー様の決まりによりsale価格を表記出来ていません。
saleは行っているので、気になる方はお問い合わせしてください。
宜しくお願い致します

Roots TEL : 086-801-0015
Roots MAIL : info@roots1999.jp


 
【ブランド別】
SALEアイテムから最新作アイテムをブランド別でご覧いただけます。


  

 

 


 


junhashimoto
▲jun hashimoto

等身大の服。
30代を迎えたある意味「ファッションに疲れた大人の男」の為の服。
シンプルな見た目の中に拘ったディティールを作る。
フィッティングも着易さを重視したフィット感。
 

M▲wjk
「w」「j」「k」という意味を持たないアルファベット3文字を並べて組み合わせたブランド名は、それによってデザインを縛られたり、偏ったイメージを持たれたくないという考えから。
今までに多種多様のデザイン・アイデアが生まれては消える世の中で、我々が培った経験から見出した結論は2つある。
「良い物は変わらない」という事実と、「残る物は本物」という事実。
この二つの事実を通し我々の観点から「不変」という物を表現し続ける。
 
 

▲SEVESKIG

“ありそうでないもの”をコンセプトとしたレザーを中心としたコレクションはテーラリングに裏付けされたパターンからなる構築的なデザインと、VINTAGEに見られる質感を融合させ一人の職人が全行程を行う“丸縫いレザー”という前代未聞の商品を展開する。
大事なのは MADE IN JAPAN であること。
日本の革職人の確かな技術に、デザイン・加工という遊び心を加える。
将来自分たちが作った服が、買ってくれたお客様の子供、さらにはその孫たちにも着てもらえることが目標。

 

TMT
▲TMT

1970年代~80年代の古き良きアメリカの当時のサブカルチャーを独自の観点からそれぞれのアイテムに取り入れてデザイン。
カラフルで遊び心のあるデザインや型・サイズなど随所にそのテイストを感じる事が出来ます。
素材やディテールなどの細部にまでこだわったデザインが特徴。
  M
▲M

日本人の感覚をフィットさせた”American style”
太陽を浴び、水を飲み、時を過ごす。
こんな見過ごしがちで基礎的な幸せを心に呼び戻す服=M。
様々な世代、文化、地位を超えた方々に向けて提案、感化し、真の豊かさを共有出来るツールでありたい。

 
▲Marbles

60's~80'sのアメリカサブカルチャーを3つのエレメント(海 Sea、星 Star、太陽 Sun=3S)よりインスピレーションし、デザイナー独自の観点からミクスチャーする。
テキスタイル〜シルエットまで、飽くなき「質」への追求を行いあら ゆるシーンに着用できるオリジナルデザインを提案するブランド「Marbles

 

MR.OLIVE e.o.i
▲MR.OLIVE e.o.i


PRODUCT IN JAPAN

日本における高い職人技術を活かした繊細なプロダクションであり、日本でしか生産し得ないはいプロダクションの追求する。

_CREATED IN JAPAN

CLASSIC AMERICANを切り口に再構築し、ワードローブとして機能するデザインを追求する。

 
  STEEL CRAFT
▲STEEL CRAFT


2010年・世界最大規模の時計展<バーゼルフェア>にて、 初めて世界へと発表されたスイスメイドのウォッチブランド。

時計業界の中心で制作活動をしていたアーティストが表現する作品は、 「クオリティ」・「オリジナリティ」というキーワードがベースとなっており、 上質でありながらも気取らないデザインが魅力です
  INGLOTT
▲INGLOTT


デザイナーは商品開発や新規マーケットの開拓に7年間携わったsugiura氏。

造語で欲張りを意味するイングロットは多くの方に愛用されるブランドを目標に立ち上がったプロジェクトです。
  mythography
▲mythography

それは靴を主役にした物語である靴を履くことが当たり前になっている今...

それは日常と化している。

そこにmythographyは存在しない...
「靴を履く意識...」
その意識を変えてほしい...
そして...
自身のmythographyを描いてほしい
ただそれだけの事...